女性目線はNG?!男ウケするケーキ選びで気をつけたい4つのこと

夫や彼氏、男友達の誕生日などのお祝いの場にケーキを用意するとき、「喜んでくれるはず♡」と思って選んだケーキ、ハズしたことはありませんか?大切な男性にケーキをプレゼントするときに、気をつけたい4つのことをおさえた”男ウケする”人気ケーキをまとめてみました!

プライスレスの思い出もおいしく贈ろう

Aiko Iidaさん(@ia_t_)が投稿した動画 -



Aiko Iidaさん(@ia_t_)が投稿した写真 -



誕生日祝いは1年に1度きりのメインイベント。おのずと用意しておくケーキ選びにも気合いが入りますよね。でもそこで気合いを入れすぎると空回りしてしまうかもしれません。

「新婚のころ作ってあげた思い出の手作りケーキ…きっと喜んでくれるはず!」たしかに、思い出は2人にとって大切なもの。でも思い出にひたるのを表立ってできる女性とはちがい、男性は気恥ずかしさが先にきてしまうものなんです。





そこでおすすめなのが、”思い出をプレゼントできるケーキ”です。思い出の中にあるそのものよりも、思い出写真をプリントしてあるケーキなら男ウケ間違いなし!その驚きのプリント技術を目の当たりにできることも男ウケのポイントに。

好きな画像や写真をオリジナルケーキにして贈ることができる写真ケーキ。彼氏や夫など、大切な男性との思い出を、おいしいケーキにしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。



男性のもつ”少年の心”をつかむ

nao.630さん(@naonyaaao)が投稿した写真 -



yuuriさん(@riichiibii)が投稿した写真 -



男ウケするケーキを選ぶときに大切なのは、ひとりよがりにならず男性に気持ちを考えること。女性目線で選ぶケーキは、男性には意外とグッとこないものなんです。

その理由は「おしゃれすぎてよくわからない…。」また、「おしゃれポイントがわからないと女性に怒られる…。」といったもの。男女の違いからくるすれ違いは仕方のないことですが、お祝いの場に用意しておくケーキとなれば、失敗はしたくないですよね。





男ウケするケーキのプレゼントで失敗しないためには、男性が持つ”少年の心をつかむ”ことです。好きなアニメキャラクターをおいしいケーキにできる立体ケーキなら、男性の少年の心を簡単につかむことができるんです!

今大好きなキャラクターもしくは昔大好きだったキャラクターをさりげなくチェックしておくことも、”本当に喜ばれるケーキのプレゼント”をするのに大切なポイントです。



いつでも”食べたい気分”になれる





誕生日などのお祝いイベントはとても大切なもの。朝から夜まで、綿密なスケジュールを組んで「最高のお祝いにしてあげなくちゃ!」とついつい”自分だったらこうしてほしい”を詰め込んでしまいがち。

でも男性にとってそれは、「うれしいけど疲れる…。」なんてことになってしまっているかもしれません。特に、奮発した材料の豪勢な手料理のあとに、お祝いのメインとしてやってくるホールケーキはきつく感じているものです。





そんな時におすすめなのが、「いつでも食べられる!」「いくらでも入りそう!」と男性に人気のレアチーズケーキ。濃厚なチーズの味わいと甘酸っぱいラズベリーの組み合わせを楽しめる上に、さっぱりとした口当たりで軽く食べられるところが人気のポイントになっています。

どんな手料理にも合うさっぱりレアチーズケーキは、お酒との相性もバツグン!食後、時間をあけての晩酌タイムにサプライズでプレゼントするのも喜ばれるアイデアです。



意外と繊細な男心を理解する



男性は女性が思っているよりも繊細です。お祝いのときにプレゼントするケーキも、その繊細な気持ちを理解していないと、”男ウケ”しないケーキをプレゼントするはめになってしまうかもしれません。

特に誕生日祝いに気をつけたいのが、”男性はケーキに意外性を求めていない”こと。おしゃれなお店の珍しい味わいを楽しめるケーキよりも、昔からの定番である生クリームとイチゴのケーキが食べたいものなんです!







定番である生クリーム苺デコレーションケーキも、お取り寄せできる全国の有名パティスリーのものなら特別感UP♡シンプルなケーキだからこそ違いがわかる、素材へのこだわりがわかる”本当においしいケーキ”をプレゼントすることも、喜ばれるための大切なポイントです。



-----------------------------------------------------

『料理食材大事典』(主婦の友社、1996年)によれば、「ショートケーキ」の「ショート」とは元来はクッキーに用いられていたサクサクした食感を表す語であるが[4]、現在ではスポンジ生地に生クリームや果物をあしらっただけで仕上げることができることから「ショート・タイム」の意にも解釈されているとしている[4]。日本式のショートケーキは、フランスあるいはアメリカ式のショートケーキを日本風にアレンジしたものであり、後述のようにその原義には小さいケーキ(カットケーキ)という意味は含まれていない(丸型の大きなデコレーションケーキも含まれる)が、一般に誤解している人も少なくない。

-----------------------------------------------------
(出典:wikipedia「ショートケーキ」)



さらに”男ウケ”するポイントになるのが、男性が大好きなうんちく話を仕込んでおくことです。こんな苺と生クリームの「ショートケーキ」についてのうんちく話で、誕生日のデザートタイムがさらに盛り上がるはずですよ!



日時: 2016/04/12